家庭教師の仕事内容


家庭教師の仕事は、勉強を教えることです。生徒の年齢や生徒と保護者の要望によって指導する教科、内容が異なります。家庭教師を利用する目的は大きく分けて二つあり、一つは日々の予習復習をしっかりして、確実に理解を深めるという目的で、もう一つは、試験対策や受験対策など、成績をアップする目的です。

日々の予習復習が目的の場合は、長期的な契約になる場合が多く、試験対策の場合は短期集中の契約になる場合が多いでしょう。指導内容は、生徒の年齢が上がれば上がるほど難しくなりますから、自分が指導できる範囲を見極めて生徒との契約をします。そして、生徒一人一人に合った指導のスケジュールを立て、効率よく学べるように準備をしましょう。

また、生徒や保護者との信頼関係を築くのも家庭教師の重要な仕事です。良好な関係でなければ、指導効果をアップさせるのが難しくなります。ただ必要な勉強を教えるだけでなく、生徒のやる気を引き出し、自発的な学びたいという気持ちを育てなければなりません。そのためには、コミュニケーションをしっかりととって、生徒が置いてけぼりにならないようにする必要があります。理解が深まる手ごたえを、成績が上がった達成感を一緒に感じられるような関係を築いていきましょう。