家庭教師の始め方


家庭教師になるための必要な資格はありません。大学生や主婦がアルバイトで働くこともあれば、家庭教師会社に就職してプロ家庭教師として働く人もいます。働き方によって、本業にも副業にもなれることが家庭教師の仕事です。これから家庭教師の仕事を始めたいという人は、プロ家庭教師になるのか、アルバイトとして働きたいのかを明確にしておきましょう。

プロの家庭教師を目指すなら、ある程度の学歴は必要です。家庭教師を雇う保護者の多くが、家庭教師の出身大学をチェックしています。高学歴の方が、たくさんの生徒を受け持つチャンスがあるというわけです。ただし、小学生や中学生の予習復習程度の場合は家庭教師の出身大学は重視されない場合が多いでしょう。むしろ高学歴の家庭教師は授業料が高額になるため、低価格で指導してくれる家庭教師の方が需要が高いかもしれません。

家庭教師の仕事をしたい場合は、家庭教師斡旋会社などに登録するのがおすすめです。会社を通しての契約になるので、自由度は低くなりますが、働く側にも雇う側にも安心感があります。個人で家庭教師の契約をする場合は、近所や親せきなどの人脈から生徒を探すのが一般的です。自分に合った方法で、働き先を見つけましょう。