家庭教師の服装


家庭教師の仕事を始める前に、ふさわしい服装と髪型を知っておくことは大切なことです。家庭教師の仕事は、勉強を教えることですが、まずは生徒や保護者との信頼関係を築くことが何より大切です。そのためには第一印象はとても重要ポイントとなります。好感を持ってもらえるような服装や髪形を心がけましょう。初回だけでなく、2回目以降も家庭教師にふさわしい服装を意識してください。

家庭教師にふさわしい服装といっても、スーツを着ていく必要はありません。塾講師がスーツを着て授業を行うことから、家庭教師もスーツを着なければいけないと思っている人もいるかもしれませんが、多くの家庭教師が私服で仕事をしています。家庭教師会社に就職して、プロの家庭教師として働く場合は会社の規定に従い、場合によってはスーツが必要なこともありますが、アルバイトやパートで働く際は私服で問題ないでしょう。

アルバイトで家庭教師の仕事をする場合は、スーツの必要はありませんが清潔感のある服装を心がけましょう。ラフ過ぎずシンプルで落ち着いた格好が理想です。特に女性の場合は、アクセサリーや香水などは控えめにしましょう。露出度の高い服装も家庭教師にはふさわしくありません。